よくあるご質問

Q1.「特定健診」とは?

2008年4月から40歳~74歳の人を対象にメタボリックシンドロームなどの生活習慣病予防に重点をおいた新しい健診・保健指導が実施されます。これを「特定健康診査・特定保健指導」といい、各医療保険者(国民健康保険、協会けんぽ、健康保険組合、共済組合など)に実施が義務づけられました。

当健康管理センターでも、特定健診を受診することが可能です。上記Aコース(定期・雇用時)健診を受診していただくことで、特定健診内容をカバーしております。

※現在のところ当健康管理センターでは、保健指導は行っておりません。

Q2.検査を受ける際の注意点とは?

健診前10時間以上(前日夜9時以降)は、水以外の飲食物は摂取しないでください。健診前日のアルコールの摂取や激しい運動、油っぽい食事は控えてください。

コーヒー、紅茶、牛乳、ジュースなど、水以外の飲み物は、血液検査や尿検査に影響が出る場合がありますので、前日夜9時以降はから当日検査終了まで摂取しないようお願いいたします。

Q3.胃の検査や超音波検査の注意点は?

胃カメラや腹部超音波検査は、水・お茶でしたら大丈夫です。但し、胃透視(バリウム検査)は、前日夜9時以降、水・お茶も飲まないでください。
※のどが渇いた場合は、うがいをお願いします。

Q4.胃の手術をしたことがあってもバリウム検査は可能ですか?

胃の手術をされた方のバリウム検査では、胃の観察ができませんので、胃カメラ検査を予約して頂きますようお願いいたします。

Q5.乳がん健診の触診は女性ですか?

乳がん健診の診察及び触診については、男性医師での対応となります。現在、女性医師を検討中です。大変申し訳ございませんが、ご理解のほどお願い申し上げます。
(エコーについては、女性技師対応可能です。)