● 白 内 障 ●
白内障とは、目の中のレンズである水晶体がにごる病気です。
目の老化で『白内障』が発症し、60歳代で70%、70歳代で90%、80歳以上となるとほぼ100%の人に白内障による視力低下が認められます。
『白内障』が進むと、曇りガラスを通したような見え方になり、どんな眼鏡をかけてもよく見えなくなってしまします。アトピーや糖尿病・外傷などで若いうちから発症することもあります。
《右図のような見え方となります》
普通の見え方 白内障の見え方
白内障のメカニズム
 『目はカメラのようなもの』
白内障はカメラに例えるとレンズ(水晶体)のキズや汚れにあたります。このレンズを取り替えることにより視力が戻ります。

白内障の治療
◆白内障は眼内レンズ手術により視力を取り戻すことができます◆
日常生活に支障がない程度であれば、点眼薬・内服薬により、白内障のい進行を遅らせることができます。これらの薬剤は、水晶体が濁るスピードを遅くするもので、症状を改善したり、視力を回復させることはできません。
白内障が進行して、日常生活に不自由を感じるようであれば、手術を行います。
当院では、最新型の超音波水晶体乳化吸引装置による小切開白内障手術をいち早く取り入れています。医療技術の進歩で
手術時間も10〜15分程度となり、より安全に手術を受けられるようになりました。
【手術時間については、個人差があり多少前後する場合あります】
白内障の手術
 @ 手術の痛み
麻酔は局所麻酔で行います。当院の白内障手術は、点眼麻酔とテノン嚢下麻酔を併用した最も鎮痛作用に優れた麻酔方法を採用してます。この方法では麻酔時や手術中はもちろん、手術後も強い痛みを感じることはありません。
 A 入院の必要性
入院なしの日帰り手術が可能です。通院が困難な方や心配な方には、入院手術をお勧めしております。両眼を手術される方は1週間以上あけて片目ずつ手術しますので、その分よけいに加療期間を見込んでください。
▼ 白 内 障 手 術 風 景 ▼
 B 手術後の生活
日帰り手術の場合は、手術後しばらく安静にしていただいた後、徒歩で帰宅可能です。早ければ翌朝には視力改善を体感できますが、眼の状態が安定するまでは点眼加療が必要です。簡単な家事や事務程度でしたら翌日からでも可能ですが、手術後約1週間はなるべく自宅静養した方がよいでしょう。
 ※日帰り手術をご希望の方は、お問合せ下さい。

眼科紹介 眼  科
白内障 飛蚊症

医療法人 社団 尚仁会 平島病院
兵庫県三田市天神1丁目2番15号
TEL 079-564-5381
FAX 079-564-2021
Contents
■ 総 合 案 内 ■
 病院概要
 病院案内
 フロアー案内
 担当医表
■   内   科   ■
 循環器科
 呼吸器科
 消化器内科
 腎臓内科
 ペインクリニック
■   外   科   ■
 消化器外科
 肛門科
■ 整 形 外 科 ■
 整形外科
■ 放 射 線 科 ■
 放射線科
■   眼   科   ■
 眼 科
■   技  術  部  ■
 看護部
 薬剤部
 リハビリテーション部
 検査部
 放射線科
 栄養課
■ その他施設案内 ■
 入院案内
 人間ドック&健診
 介護療養型
 交通案内
■ 関 連 施 設 ■
訪問看護
ステーション

『さつき』

お薬110番
◆地域医療リンク集◆

ご質問・お問合せは
E-mail
info@mc-shojin.or.jp

ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます
Copyright (C) 2004
Shojinkai.All rights reserved.